header ₢킹 gbvy[W

外国人の転職時の在留資格手続き

日本で就労している外国人も、日本人と同様に転職をします。転職の場合はビザの手続きはどうするのか?について説明します。これは外国人の転職は、現在就労ビザを持っている人が勤務先を変更する場合のことです。ここで肝心なのは、現在の在留資格は前職を前提として許可されているものであるということです。

転職には次の2つのケースがあります。

1、転職前の会社で行っていた職務内容と変わらず、まだ在留期限までかなり日数がある場合は、新しい会社に就職が内定した時に、転職をしたという事実を入国管理局に届出をして、「就労資格証明書」の交付申請を行うことです。そして更新の時に「在留資格更新許可申請」の手続きをします。そうすれば更新手続き時にいきなり不許可となることはありません。

2、転職前の会社で行っていた職務内容と変わらず、在留期限が残り2~3ヶ月と迫っている場合は、転職後に、「在留期間更新許可申請」の手続きをしますが、その際には会社が変わっているため、更新時に最悪 のケースとしては、いきなり不許可もありえます。冒頭でも説明した通り、現在の在留資格は前会社を前提として許可されているものだからです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です