header ₢킹 gbvy[W

企業内転勤ビザの転勤の考え方

今は経済のグローバル化で、日本人・外国人問わずいろんな国に駐在に行ったりしていると思います。企業内転勤ビザの対象となる外国人は転勤で日本に来る外国人が対象です。ケースとしては、

①海外にある日本企業の支社から日本にある本社へ転勤するケースや、その逆に、
②海外にある外国企業の本社から日本にある支社に転勤するケースとなります。

それでこの親会社、子会社、関連会社の定義ですが、入国管理局では、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」の第8条
に従うとされています。どういう関係なら「企業内転勤ビザ」が認められるかを詳しく調べるには、この規則を見る必要があります。

企業内転勤のポイントは1つのみ、直近1年間に外国にある本店や支店で勤務していることです。あと、企業内転勤ビザの在留資格はあくまでも転勤なので、「期間を定めて」いることが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です