header ₢킹 gbvy[W

実務経験年数の数え方

外国人調理師の「技能ビザ」を取得するためには、原則10年以上の実務経験が必要になります。そしてその10年の実務経験があるということを各種証明書で立証する必要があります。

入国管理局の審査基準では、「料理の調理または食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものについて10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理または食品の製造に係る科目を専攻し た期間を含む)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの」になっています。

注意点は10年以上の実務経験という基準は、1~2ヶ月不足しても不許可になりますので、正確に10年以上が必要であると考えてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です