header お問い合わせ トップページ

実務経験10年を証明することができない場合

技能ビザが許可されるためには、実務経験の証明が一番重要です。実務経験の証明のためには現在本国で勤務している料理店から在職証明書を取得します。

ですが、過去に勤務していた料理店が倒産や廃業している場合ですと在職証明書が取得できません。しかしながら在職証明書が取得できないと技能ビザが許可されません。本人がいくら働いていたといっても、証明ができないと働いていないことと同じような取り扱いとされます。

そのくらい本国から取得する在職証明書は重要な資料になります。少し厳しいようですが入管の取り扱いはこのような形です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です