header お問い合わせ トップページ

就労ビザの更新

就労ビザの更新は期限満了の3ヶ月前から手続きが可能です。外国人社員のビザ更新は必ず会社でも管理をして、更新手続きを忘れないように周知してもらいましょう。在留資格の更新の手続は、会社の担当者が外国人本人の代わりに申請することはできません。会社は本人の代わりに申請する権限がなく、本人のみしか更新手続は行えません。

しかし、行政書士は本人の代わりにでも申請を行えます。本人が動けない時は行政書士にご依頼するしかないのです。また、会社によっては決算書や法定調書合計表を外国人社員に見せたくない会社もあります。そんなときも行政書士に依頼するしかなく、それも依頼する理由の1つとなります。

就労ビザの更新手続の前提としては、「外国人社員の職務内容が変わっていない+勤務先が変わっていない」ということであれば比較的スムーズに更新許可されます。更新の申請はスムーズに許可される場合と、いろいろ入国管理局から文書を求められスムーズにいかない場合に別けられます。更新許可は、「更新が適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り許すことができる」と法的に決められていますので,
当該外国人社員の在留状況、許可相当性をみて決定されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です