header お問い合わせ トップページ

飲食業での外国人就労

飲食業での外国人就労について在留資格の点から話します。飲食店では多数の外国人が中国人を筆頭にかなりの数が働いています。多くは留学生アルバイトであると思いますが、学校を卒業後そのまま勤務先の飲食店に就職を希望する方も多くいらっしゃいます。飲食店で正社員としての在留資格を取りたい場合は、アルバイトの時と同じようなホール係やレジ、調理補助での仕事内容では許可が下りません。また調理師としても許可は取れません。

飲食企業への就職で就労の在留資格が取得できるのは、飲食企業の事務部門で働く場合です。例えば、人事総務の仕事、会計の仕事、マーケティングの仕事など事務系であれば全般的に就労の在留資格を取得することが可能です。また店舗管理(店長)やスーパーバイザーの仕事でも取得することが可能です。外国人本人としては専攻内容と職務内容に関連性があることが必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です