header お問い合わせ トップページ

製造業での外国人就労と在留資格

製造業での外国人雇用に関しては、事務部門と技術部門、そして工場などでの現場ラインでの雇用が大きく分かれると思います。

事務部門でいえば、海外拠点との通訳翻訳の仕事、人事総務の仕事、会計の仕事、マーケティング・営業の仕事など事務系であれば全般的に就労の在留資格を取得することが可能です。また技術系の仕事でいえば、製品開発、品質管理、技術教育などの技術職でも就労の在留資格を取得することが可能です。

工場での現場ラインでの作業は単純労働とみなされますので基本的には就労の在留資格は取得できません。現場ラインで外国人を雇用できるパターンとしてはまずは「技能実習」が挙げられます。また就労制限のない「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」や帰化した外国人も工場内作業で雇用可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です