header お問い合わせ トップページ

不動産業での外国人就労

年々日本に来る外国人が増えるなか、外国人向けに不動産の賃貸仲介、 売買の仲介をする不動産会社も増えてきています。賃貸仲介については留学生や外国人就労者向け、 売買については日本に長期滞在する外国人向け、 投資用として高級分譲にいたってはアジア系富裕層が
買うのが増えています。

不動産の営業担当や、通訳・翻訳の担当として 外国人社員の就労ビザを取ることは可能です。基本的な考え方としては、外国人社員の大学や専門学校での専攻内容が、 会社で従事する仕事内容に十分活かせるかどうかが許可・不許可のポイントですので、 そこを十分検討すれば不動産会社という業種では比較的他の業界よりも外国人に就労ビザが出せるのではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です