header お問い合わせ トップページ

教育業での外国人就労

教育業での外国人雇用にあたっては、主に民間の英会話スクールや、その他の語学のスクールでの語学講師としての雇用があります。外国人が母国語を日本人に教える仕事に就くには、大学・短大を卒業して学位を取得していれば専攻内容を問わず「技術・人文知識・国際業務」の
在留資格を取得することができます。しかし、専門学校を卒業している場合は、教育に関する専攻をしていなければ在留資格の取得は難しいです。

フリーランスの語学講師は個人事業主という形となります。本来は個人事業主として就労ビザの取得は難しいのですが、お仕事の契約期間や契約金額、複数社との契約をしているなど安定性が認められれば技能人文知識国際業務ビザの取得が可能となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です