header お問い合わせ トップページ

外国人を役員に就任させる時の在留資格

日本でも外国人の社長、外国人の役員を迎え入れるというケースも少しずつ増えてきました。外国人が起業し、500万以上出資して自ら経営管理ビザを取得するのではなく、外国人が出資なしで会社の役員に就任する場合です。

この場合は、在留資格は「経営管理」となります。役員に就任する外国人が出資せずに「経営管理」の在留資格を取るための要件は、「事業の管理または管理について3年以上の経験(大学院において経営又は管理に係る科目を専攻した期間を含む。)を有し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること」という基準があります。

出資せずに役員に就任し「経営管理」の在留資格を取得するには、本人の要件として管理の経営が3年以上あるかということを証明書として準備できることが必要です。会社としては実際に事務所が存在していることが条件となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です