header お問い合わせ トップページ

「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を正社員として採用する場合

外国人の夫婦が日本に在留していて、一方が会社に勤務し就労の在留資格を得ている場合、一方が働いていない場合は、働いていない方の在留資格は「家族滞在」となります。家族滞在は就労が認められていない在留資格ですが「資格外活動許可」を得ることで週28時間まで就労が可能です。

アルバイトとして企業で勤務していた外国人を、正社員として採用したい場合に「家族滞在」から就労の在留資格に変更はできるのでしょうか?この際に考えるべきことは、本人の学歴と職種です。

本人の学歴が、海外の大学・大学院・短大、または日本の大学・大学院・短大・専門学校の場合で、その専攻が入社する会社の職種と関連性がある場合は、家族滞在→就労への在留資格を変更し取得できる可能性があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です