header お問い合わせ トップページ

身分系の在留資格を持つ外国人を採用する場合

外国人を雇用する場合に、一番面倒がないのが身分系の在留資格をもつ外国人を採用する場合です。身分系の在留資格とは、「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格です。これらの在留資格を持っている外国人は就労するにあたって制限がありませんので、新規に就労ビザを取得する必要はありません。また、帰化した外国人は日本国籍なのでもちろん就労制限はありません。

簡単に説明すれば 「日本人の配偶者等」は日本人と結婚している外国人、「永住者」は日本の永住権を取得した外国人、「永住者の配偶者等」は永住者と結婚している外国人、「定住者」は子どもの時に連れ子として来日した外国人や日系ブラジル人などです。就労制限がないということは、単純作業や肉体労働、レジや販売、工場の仕事でも制限なく雇用可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です