header お問い合わせ トップページ

短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在(観光)もしくは、査証免除(ノービザ)で日本に来ている外国人が、日本で就職活動をしている場合があります。短期滞在で来日している外国人に採用面接をして、内定を出すのもかまいません。しかしながら短期滞在は就労が「不可」ですので、採用してそのまま働くことはできません。

結局のところ、正規の就労系の在留資格を取らなければならないのですが、この場合は「在留資格認定証明書」というものを取得する必要があります。在留資格認定証明書を取るためには、入国管理局に対して「在留資格認定証明書交付申請」をしなければなりません。短期滞在やノービザは就労が不可ですので、正規の在留資格を取るまではくれぐれも就労させないようにお気をつけ下さい。

在留資格認定証明書は申請してから平均的に審査期間が約1ヶ月程度となります。原則的な手続としては、在留資格認定証明書が出たらそれを持って母国の日本大使館へ提出しビザをもらって再度来日する流れです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です