header お問い合わせ LINEお問い合わせ

再入国拒否該当案件許可でました!

ご相談をもらった時は、自己申請で不許可でのリカバリー案件。丁寧にヒアリングすると、不許可になった原因が「再入国拒否該当」という、なんともハードルが高すぎる案件でありました。
オーバースティ(不法在留)、不法残留、不法就労、虚偽申告、密入国、偽装パスポート、資格外活動違反など・・・。こうした行為に及んだ場合、自ら出頭すると「出国命令」、摘発されると「退去強制」となります。その後は、罪の重さによって、再び日本へ入国できる場合とできない場合にわかれ、できる場合でも入国拒否期間が定められて、再入国はかなりハードルの高いものになります。
とはいえ、人道的な配慮や、その他特別に認められる事情を考慮した結果、許可すべき合理的理由あると判断される場合があります。詳しいことはここでは述べられませんが、こうした特別な許可をいただけるかどうか、慎重にヒアリングした結果、人道的な配慮が必要と、人権派行政書士(自称)として、私自身が判断させていただき、受任することにしました。
申請準備から申請受理、審査とそれぞれ長い時間がかかりましたが、無事こうして認定許可が出たことで、禊は済んだということとなり、今回はいろんな意味で人のぬくもりを肌で感じる結果となりました。人権派行政書士(自称)としてホッとしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP