header お問い合わせ トップページ

調理専門学校卒業生を調理師として雇用するには

外国人を調理師として雇う場合は「技能」の在留資格に該当します。この「技能」の在留資格を取得するための要件は、10年以上の調理師としての実務経験があることが必要です。この10年の実務経験年数の中には専門学校などで調理に関す…

短期滞在で日本に来ていた人を雇用する場合

短期滞在(観光)もしくは、査証免除(ノービザ)で日本に来ている外国人が、日本で就職活動をしている場合があります。短期滞在で来日している外国人に採用面接をして、内定を出すのもかまいません。しかしながら短期滞在は就労が「不可…

身分系の在留資格を持つ外国人を採用する場合

外国人を雇用する場合に、一番面倒がないのが身分系の在留資格をもつ外国人を採用する場合です。身分系の在留資格とは、「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格です。これらの在留資格を持っている外国…

「家族滞在」の在留資格をもつ外国人を正社員として採用する場合

外国人の夫婦が日本に在留していて、一方が会社に勤務し就労の在留資格を得ている場合、一方が働いていない場合は、働いていない方の在留資格は「家族滞在」となります。家族滞在は就労が認められていない在留資格ですが「資格外活動許可…

海外の親会社や子会社から転勤してくる場合

国際的に拠点を持っているグローバル企業にとっては外国人社員を人事異動で日本に配置することも多くあると思います。実際、日本人社員が海外へ駐在というのはよく聞く話で、その逆バージョンと考えればよいでしょう。つまり外国人が辞令…

外国人を役員に就任させる時の在留資格

日本でも外国人の社長、外国人の役員を迎え入れるというケースも少しずつ増えてきました。外国人が起業し、500万以上出資して自ら経営管理ビザを取得するのではなく、外国人が出資なしで会社の役員に就任する場合です。 この場合は、…