header お問い合わせ LINEお問い合わせ

ホテル・旅館業での外国人雇用

少し前までは外国人観光客が増えることにより、インバウンド需要が盛んで、ホテルや旅館の宿泊客としても外国人の割合が増え続けていまいした。その結果ホテル等で外国人スタッフを雇用したいという需要も増えています。専門学校や大学でホテル学や観光を専攻した外国人を雇用したい場合ですが、ホテルでの外国人雇用に伴う在留資格取得については注意点があります。

例えばホテル、旅館と言えば客室清掃係や食事の準備等、人手が欲しいのは理解できますが、単純労働とみられ、その部門での就労はできません。では可能な部門と言えばどこでしょうか?

①フロント業務
②企画、総務といった事務業務
といった部署でしょうか。それすらも規模感によっては、不許可リスクが高まります。つまり外国人雇用の必要性に合理的な理由があるのかを問われるという事です。フロントであれば高まるインバウンド需要に対して、通訳が必要ですし、事務であれば営業やマーケティングにおいても、外国人宿泊客を増やすための市場調査・マーケティング企画立案・外国の旅行会社との折衝・契約ができるようになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP