header お問い合わせ トップページ

国際結婚手続きについて

今の世の中、わからないことがあれば「検索」の時代なので、外国人との結婚手続きも難易度はそれほど高くなくなりました。とはいえ、やはり外国人との結婚ですから、日本人同士の結婚とは全く異なります。

日本人同士なら市役所もしくは町村役場に婚姻届けをだすだけですが、国際結婚の場合には日本の機関に提出する書類に、相手の外国人が独身である証明が必要になります。という事は、相手国が独身ですよというお墨付きのある書類が必要だという事です。その書類は当然外国語。翻訳文も必要になります。さらに翻訳文の責任者の署名も必要です。

その後は、相手国の機関へ婚姻手続き、つまり両国で婚姻している旨、認められて初めて婚姻が成立するという流れになります。(国によっては、日本での婚姻手続きをもって、相手国の婚姻手続きも同時に成立する場合もあります。)

どんな書類が必要かはその国々で別々ですので、やはり煩雑な手続きになってしまいます。ここまでの手続きは婚姻の手続きであって、ここからさらに、日本に滞在するための在留資格申請手続きがあるということを忘れないようにご注意ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です