header お問い合わせ LINEお問い合わせ

イギリス人、ポルトガル人短期滞在更新案件許可出ました!

タイトなスケジュールの中、なんとか在留期限を過ぎることなく無事申請が終わったのに、一息つく暇もなく、なんと!申請結果が出ないうちに出国をしたいとの連絡。「延期を希望しているのに、期限内に帰る」という矛盾を生む申請になってしまいました。
事情の変化はそれぞれ誰にもあることですので、珍しいことではありませんが、こと入管への申請となると、合理的な事情を説明し疎明する必要が出てきます。申請後結果が出ないうちの出国はできないことはありませんが、今回のように矛盾したケースでは、空港であれこれ詮索されて、相当時間がかかるなどの可能性は高いと思います。
解決方法は一つ!早く帰りたいニーズに応えるためには、提出書類の完成度の高さと許可通知をとにかく早く受け取ること。この許可通知は通常郵送で送られてくるため、仮に審査書類の完成度が高く審査期間が短くなっても郵送に多少時間がかかるもの。
当職の作成した審査書類の完成度も問題なく許可はでるとのこと。入管への窓口交渉の結果、通知書郵送という手間を省いて、直接窓口での決裁という方法で許可をいただき、時間を相当稼ぐことができた次第です。
無事、依頼人の利益に資することができましたが、これが当たり前ではなく、ラッキーによる要素も多分にあります。とはいえ、運も実力の内といいますから、ラッキーを引き寄せることができたことは素直に嬉しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP