header お問い合わせ トップページ

就労ビザの在留期間

就労ビザいわゆる「技術・人文知識・国際業務」の在留期間は主に1年、3年、5年があります。最初の申請で日本へ入国する場合は必ず1年です。更新する場合は在留期間を3年にしてくださいとか、申請する外国人側から希望を出せますが、その通りに認められるかどうかは、その時の状況を審査されて決まります。

どんな項目が審査されるかといえば、勤務先の業績や勤務状況、また、本人の素行が日本国の法令に違反していないか、納税はきちんとしているか・・・等ではと推察しています。

そのような外国人の状況を入管側が審査した結果、いつも1年だったり、いきなり5年もらえる人もいるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP