header お問い合わせ トップページ

就労ビザの更新について

就労ビザ(在留資格)の更新には一般的に2つのパターンがあります。それは前回申請時と同じ企業に勤めている場合と、転職していている場合の更新です。

・前回申請時と同じ企業に勤めている場合
単純更新と言って審査がスムーズに進み、比較的許可がでやすいのですが、注意しなければならない点が一つ。職務内容が変わっている場合です。最初の申請と同じように学歴要件と職務内容要件の証明が必要となりますので、手続きを慎重に進めることが肝要です。

・転職していて前回申請時と内容が異なる更新
転職して前回申請時と会社が変わっている場合でも、在留資格の種類が変わらない場合は更新申請となります。外国人材の中途採用に起こりやすく、更新と言うより、新規でビザを申請すると言ってもいいでしょう。審査期間も長くなりますので、余裕を持ったスケジュールが必要となります。それを防ぐために、中途採用をお考えの企業は「就労資格証明書」を事前に申請しておくことによって、更新時に単純更新と同じとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP