header お問い合わせ トップページ

更新を忘れてしまった場合

就労だけに限らず、日本人配偶者、定住者、家族滞在などなど、更新期限があります。1年、3年、5年とあるわけですが、日常の忙しさから、ついうっかり在留資格の更新を忘れてしまったという場合も少なくありません。

わざとだろうが、なかろうが、期限が切れたらオーバーステイつまり不法滞在です。策は一つ。とにかく急いで出入国管理局に出頭して事情を説明しましょう。とはいえ、急げば回れの言葉があるように、できれば行政書士とその後の対策を練ってからの方がいいでしょう。原則論として不法滞在は出国命令と決まっているので、事情をしっかり説明して特別に対応してもらえるように対策をとるべきです。本人のことだからといっても外国人1人で行くのではなく、行政書士が同行するほうがよいでしょう。

出国命令を受けると原則1年間は日本へ入国できません。ましてや、更新切れをほったらかしにして、オーバーステイ中に逮捕なんてことになれば、5年以上は日本へ入国できなくなる場合も考えられます。さらに就労ビザの場合は会社側へは不法就労助長罪で懲役や罰金が課されることもあります。外国人社員の管理はそうところの面もしっかりしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP