header お問い合わせ トップページ

在留資格「日本人配偶者等」について

国際結婚手続きが無事終了したら、外国人配偶者の在留資格を取得しないと日本では一緒に生活ができません。昨今、偽装結婚が問題になっているため、婚姻届けを証明として提出しただけで、在留資格の許可がもらえるほど甘くないのが現実です。では、どうやって許可をえられるようにするのか・・・。

要は交際経緯や交際実績、また結婚式や披露宴など、現実に愛し合っているカップルであれば存在するであろう実態を書面に落とし込めばいいのです。ですが、インターネット、結婚紹介所、インターナショナルなパブなどで出会うなどといった機会も当たりの世の中です。そうなるとこの実態を証明するのが難しいといったこともあるかも知れません。

結婚までに至る経過がレアケースかな?と思ったら、在留資格については、一度専門家に相談するのが許可への近道だと思います。大事なのは結婚生活であって、一緒に暮らしてこそなのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です